ツーマンライブ

3/28はOSCAとπのツーマンライブでした

サラッと書いたけどまず高校生バンドふた組だけでライブする事が客観的に見てすごいし、バンド始めた頃はまさかこんな事になるなんて思ってなかったよ。
来てくれたみんなありがとね。
事情があってこれなくて「行きたかった!」って言ってくれるのも嬉しかったです。(なので謝らなくてOKです!)

何回も書くとあれだけどやっぱりツーマンライブって特別なことで、それ以前にたくさんライブをしたこと、もっと言ったらバンドをしている事も特別なことかもしれないな。

たぶんだけどバンドをやってなくても楽しい事はたくさんあったしそれはそれで幸せだったと思う。
でもこうやってちょっと特別なことをたまたま始めたらドンドン大きくなってすごく特別なことになって、こんなのは生きてて初めてだから、「バンド始めてよかった」って思ってます。

前までかなりの依存体質で色んな物に過剰にしがみついてて、それじゃダメだって直したら今度は「何もなくても成り立つ」事に気づいちゃった。
ほんとに最近まで何も真剣に考えることができなくなってた。
でもこうやって特別なことがたまたま起きて、自分がここまでバンドに力を注いでた理由がただ「楽しいから」だって事に気づいた。
それて「無くても死なないけど必要なもの」があるってわかった。
(変な話それまでは本気で何もいらなかったしその前は本気で何も失いたくなかった。。)
今は「必要なものを拾い集めて不要なものはちゃんと手放す」事が大切でこれが誠意なんだと思ってる。

話が逸れたしたぶん伝えたい意味で伝わりづらいと思うけど、ツーマンやってよかったし成功してよかったし来てくれたみんなも行きたかったみんなも手伝ってくれた人もゲストもOSCAもπもあの瞬間に必要だったってこと。

MCでもちょっと言ったけどライブは見るよりやる方が何倍も楽しい。
(だからこそ見ている人に「楽しい」って思わせるのは難しい事だと思う。)
きっとお客さんが手を挙げたり声を出したりするのは「ライブをやる側」に近づく行為なんだと思う。

みんな楽しかったでしょ? 

それはみんながライブをしてたからだよ。

あそこにいた全員で作ったライブ。
いいライブでした。

ありがとう。
(↑これほんとにひとりひとりに向けて言ってます。あなたにもです。)

やりたいかもリスト

燻製

作った曲を歌ってもらう
人前でDJ
たくさんお金をかけて部屋を模様替え
すごい家に住んでベランダでパーティー
 
なんか個展に行く
ベースを改造
何かしらのデザイナーをやる
大きい絵を書く
Tシャツを作る
そして売る
一人暮らししてすごい自炊する
すごい大学を中退する(要相談)
美大を中退する(要相談)
CDを出す
なんか振り付けをする
おいしいドーナツを作る
なんか雑誌に載る
歌うまくなりたい
学校やらの先輩とご飯いく
同じく後輩とご飯いく
すごい有名人と遊ぶ
NHK教育のレギュラー
部屋の机の面積を拡張する
部屋の畳を引っぺがして木にする
 
好きな人たちだけと暮らす
 

戦場

足を引っ張られてはいけない。
昨日まで役に立っていたものが今日足枷になったら捨てなければいけない。
必要なものを手に持って必要ないものは捨てて行かないと荷物はどんどん増えていつか足が止まってしまう。
止まったら死ぬ。
前も後ろも道なんてないんだからただ歩くしかない。
止まったら死ぬ。
歩けなくなったものに気を取られていると死ぬ。
終わったものは置いていかなければならない。
手元に残すのは思い出だけでいい。
全てはいつか終わる。
全てを置いていく覚悟をしなければ何も得られない。
何かを得ることよりその何かまで歩きたどり着くこと。
さらにそこから歩いていくこと。
止まったら死ぬ。

オカチマアキバ

今日は御徒町にスプラッピスプラッパのライブを見に行った。

去年の夏にライブを見てからずっと気になってて、今日はCD欲しさもあってついにライブに行ったんだけど割と思いつきで行ったのでもちろん1人。
1人でライブハウス行くのなんて初めてだからめっちゃ緊張してたし入り口に怖めの人たちが座ってて心折れそうだったけど、中に入ったら後輩が1人で見に来てて笑ってしまった。

ライブはとても良かった。
あっという間に終わってしまった。
YouTubeで見て知ってた曲も新曲も聴けて嬉しかった。
ライブ後の物販でCDを買ったんだけど人見知りが出てしまってお疲れ様ですの一言も言えなかった…
(Twitterでリプライしたのを覚えていてくれて嬉しかったけどそれも伝えられなかった…)
物販でバンドメンバーとお喋りするのは密かな夢だったりするんだけどけっこう難しいな…

そんなこんなでライブハウスを後にして、割と早めの時間だったのでこれまた思いつきで秋葉原まで歩いてちょっと散策した。
自分はいわゆる(みんなが思うような)ヲタクではないけど、根がそうゆう気質なのか秋葉原は居心地が良かった。
思う存分スイッチを眺めた後欲しかった音響関係のケーブルが安かったので購入した。
スイッチを眺めたり同じ種類のケーブルを見比べたりは1人でないとできないので散歩は1人に限るなあと思った。

良くわからないけど最近調子が良い感じなのでこのまま春を駆け抜けてしまいたい。花粉が辛いので。

ツーマンライブまで時間がなくて不安もあるけど楽しみの方がもちろん大きい!
ライブを見てモチベーションも上げられたので良かったです🤘🏿

しもきた

今日は下北沢をぶらりぶらりして安いTシャツを買ったり前から欲しかったエラーくん手帳買ったりクロワッサンたい焼きを食べたりしたよ

やっぱ人に連れられないと外出れないな~

めっちゃ寝坊したの申し訳ないな~
とか言ってこの時間に起きてる時点で明日の学校間に合う気がしないけど

ちょっと歩き回っただけでぐったりしちゃうしいよいよ体力のなさに焦りを感じてきた…

家に帰ってからはツーマンに向けて曲を覚えようとして軽く挫折したりスマホのゲームでミスしたりあんまいい事なかった

気持ち悪い物を視界に入れないことは難しいな

浮き沈みが激しいとかじゃないけど夜になるとしっかり落ちてしまうの嫌だなあ~

愛ゆえの

また書き出しが休日になるけど、休日ってやっぱ人と会わないのがデフォな訳ですよ。

というかそもそも俺は人と関わる事が割と怖いというかいちいち賭けなんですよ。
こういうこと言うと、
俺が学校がめちゃくちゃ好きで超楽しんでる事を知ってる人は「違くね?」って言いがちなんだけど、
みんな勘違いしてるだよ。

俺が人と関わる事が割と怖いのは、
"人がめっちゃ好き"だからなんですよ。

人がめっちゃ好きで関わりたいと思うんだけど、自分が関わる事でその人の魅力ポイントに影響しないかとか、もし自分と相性が悪くてお互いに嫌同士になったらどうしようとか、恋する乙女みたいな感情があって、人と関わる事が割と怖いんですよ。まじで。

人と人には相性があって、残念ながら相性が会わない人とは関わらない事がお互いにとって一番よくて、
その道を選びとれる事が優しさで、
めんどくささとか変な甘えでそこの選択を曖昧にする事は優しさのようで誰かを傷つける暴力だと思うんだよな。

人が好きだからこそ自分を見てくれた人には勘違いはあまりして欲しくないし、勘違いを利用して好かれようとするような"媚び"とかしたくないし、とにかく誠実でありたいんですよ。
それで嫌われるのは仕方ない(めっちゃ辛いけど)と思ってるし、
好かれる為に好くほど下品ではないので嫌われても全然好きなままだし。

ファンって言ったらわかりやすいかな、好きな対象に自分が無理に介入して自分の好きなそれを壊してしまうくらいなら1歩離れて見て楽しむし、その対象が自分を好きか嫌いかは関係なくただ自分が好きなのが揺るぎない真実としてある、みたいなね

もちろんこれは"誠実でありたい"という理想の話であって実際の生活ではやむにやまれずその場しのぎの手を使ってしまったりするんだけどね。

とにかく俺は人が好きだし好きだから関わりたいし好きだから関わりたくないし、好きだから表現をしてるしそういう事なんだよな。わかるかな~!!

好きだからわかって欲しいよ!と思う。

休みの日色んなスイッチをオフにする。
スイッチを切るとあらゆるステータスがほぼ0になるので本当の素の自分というものはとても弱いなと思う。
外に出る時はその弱い所を出来るだけ隠して生きる。ヤドカリみたいに。

しかし休みの日で誰とも会わずに家にいてもあらゆる人の言動は画面から入ってくる。
普段は特に気にもならないようなそれだけど、ふと気を抜いた時に実は蝕まれてた事に気づく。

言葉は薬のようなものだとたまに思う。
うまくやれば誰かの傷や病の治癒を助けることもある。
だからといって頼りすぎると知らないうちに蓄積していって大きな副作用をもたらす可能性もある。
何気ない言葉でも誤って投与すれば簡単に人は壊されてしまう。

だから自分はそれをあまり口にしなくなった。
できるだけ軽い、できるだけ蓄積しない言葉を選ぶようになった。
誰かから投与された言葉を何の考えなしに体に取り込むのをやめた。

それがいいか悪いかはわからないけど、耐性の落ちた体にたまに回ってくる薬は少量でも大きい影響を持つようになった。
いいか悪いかはわからないけど、自分の発する言葉に自分が一番動かされなくなった。これじゃあ誰も動かせないね。

そうゆう風にしてみた結果、いいことも悪いこともあった。薬みたいに。
もうすでに依存は始まってるんだろうな。怖いな。

おやすみなさい。