読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコミント論2

チョコミント論

 

チョコミントとはチョコとミントの組み合わせによって成り立つフレーバー、味。

代表作はアイス。

パティシエたちの、あるいはチョコミント学者たちの定める本来の定義は知らないが、ここでは上の定義のもとに話を進める。

 

 

チョコミントというものは文字通りチョコとミントの組み合わせによってできている。

 

すでにチョコとミントがフレーバー界で猛威を振るい、ある程度トップまで上り詰め

「やれることは全てやったのではないか」

「これ以上の発展は期待できないだろう」

などと学会で囁かれ始めた頃、学会に属さないはぐれ学者エッセルが"チョコとミントを組み合わせる"というタブーを犯した。

エッセルの住む街の人々は新しい味の境地に感動しチョコミントを受け入れていたが、チョコミント誕生の事実はすぐに学会に伝わり、エッセルを拿捕しチョコミントの存在を権力によって揉み消そうとした。

しかし街の人々はそんな学会の行動を許さなかった。

地下研究所に残された手記を元にチョコミントを再現、そして大衆に広める活動を秘密裏に行ったのだ。

その結果チョコミントの存在は国中に広まり、学会も黙秘を押し通す事はできずに公式にチョコミントの誕生を認めエッセルを釈放し学会員として招き入れた。

次の年エッセルは国立フレーバー研究所に新設されたチョコミント室の室長となり研究を重ね、さらに数年後には革新香味学問所を創設し味の世界の追求に尽力した。

これらの功績が認められエッセルノーベル賞候補者に選ばれた。

誰もが受賞は確実であると思っていた中、ここで悲劇は起きた。

ある日エッセルは郊外の川原で水死体として発見されたのだ。

警察の捜査の結果入水自殺と判断され、そこで捜査は打ち切られた。

しかし不明瞭な点も多く、一部ではノーベル賞を取らせまいとした旧学会の犯行ではないかと囁かれている。

この事件をきっかけにチョコミント好きと反チョコミント主義者の対立は表面化し現代までその溝は埋まっていない。

ちなみに明治エッセルスーパーカップの名前はチョコミント発明者のエッセルから来ている。

 

まあ、このストーリーは全て想像だが、このようなドラマを持っていてもおかしくはない、チョコミントはそれだけの規模の発明だということである。

 

 

チョコミント論

チョコミント論

 

チョコミントとはチョコとミントの組み合わせによって成り立つフレーバー、味。

代表作はアイス。

 

パティシエたちの、あるいはチョコミント学者たちの定める本来の定義は知らないが、ここでは上の定義のもとに話を進める。

 

 

 

チョコミントといえば、好き派嫌い派の対立による論争が各所で行われており

その是非について人類単位の結論が未だ出ていないかなり難しい議題である。

 

これを読んでいる人たちの中にも、

チョコミント好きが野原で日向ぼっこをしている場面に遭遇するなりそっと足音を消して近づき、うとうとしているチョコミント好きの耳元で「歯磨き粉でも食っていろこの味オンチ!!」と叫び散らしその安眠を妨害せずにはいられないという人もいるだろう。

まるで鬼である。

さもなくば悪魔だ。

 

マイノリティである我々チョコミント好きはそのような悪鬼の存在に日々怯え、晴れた日に野原で日向ぼっこする事も叶わず暗く閉ざした地下室の中で裏ルートから仕入れた脱法チョコミントをこっそりと愉しんでいることしかできないのだ。

これは深刻な社会問題でありこの社会的な風潮は来たる東京オリンピックの際には国際交流の大きな妨げになるだろう。

 

 

とはいえ

 

ここまで書いてなんだと思われるかもしれないが、今回この文章においてはチョコミントの存在を反チョコミント主義者に認めさせ、社会的な地位の向上を目指そうという魂胆は全くない。

 

この文章はアンチ・チョコミント勢力に向けた文章ではない。

 

この文章はチョコミントが好きな、あるいはチョコミントに対して嫌悪感がない、またはチョコミント好きの扉をいざ叩かんとしている、そしてチョコミントはどうでもいいがどうしようもなく暇である、という諸君に向けた文章である。

 

私のこのチョコミントに対する気持ち、考察をチョコミント好きなあなたに届けたい。

 

「わかる人にわかればよい」

 

この言葉の元にチョコミント好きは反チョコミント主義者との不毛な争いをやめ、同志とともに甘く爽やかな青春をあわよくば過ごすべきなのだ。

そうするうちにチョコミントを迫害してきた輩どもも我々の爽やかな風の前に正気に戻り、謝罪の言葉とともに我々に和解の握手を求めることだろう。真っ赤な顔して。

 

その時はその真っ赤な顔を思いきり蹴飛ばしてやる。悲しみは終わらないのだ。

 

さて、悲しいことにここまでは前置きなのだ。

嬉しいことに次から本編ということだ。

この論はチョコミントに対する考えが尽きぬ限りは、言い換えると飽きるまでは続いていくはずである。

 

 

🖕🏿←角の生えたゴリラの横顔

どうやら六月が終わったようですね。そういう感じがします。

 

今月はCDを買わないことで有名だった自分が人生最大級にCDを買ったので自慢しようと思います。

 

f:id:udon_okame:20160701004631j:image

スチャダラパーの「5th wheel 2 the COACH」と「スチャダラ外伝」

サマージャム'95と今夜はブギーバックが欲しくてiTunesで買っても良かったんだけどブックオフで収録アルバムを見つけたので買いました✌🏿

ゴキゲンな感じでテンションあがるわ~いっスね~って感じ✌🏿

 

f:id:udon_okame:20160701005044j:image

Wiennersの「みずいろときいろ」

Wiennersもずっとブックオフで探しててやっと見つけたので即買いました

(ちなみに僕はかなり貧乏性なのでCDは基本ブックオフで買います。大人になったらちゃんとタワレコで買うので許して!)

曲ももちろん良かったけど付いてたライブ映像のDVDが最高でしためっちゃ興奮しました

 

f:id:udon_okame:20160701005422j:image

あらいやかしこの「かしこ二号」

 地元のブックオフで108円で売られていたので即買い。

今自分の中でのコピバンしたいバンドのひとつです

まさか108円でその辺に転がってるとは

曲は言うまでもなく最高ですねグシャグシャのギターとボーカルがカッチョイイっす

 

f:id:udon_okame:20160701010137j:image

妄想キャリブレーションの「ちちんぷいぷい♪」

これはたまたまYouTubeで見つけて完全に曲に惚れまして

中古で見つけたので買っちゃいました

今一番どっかでかけたい曲のひとつです

 

f:id:udon_okame:20160701005803j:image

ラブリーサマーちゃんの「青い瞬きの途中で」

これは予約して発売日にタワレコで買いました!

三ヶ月連続シングルの3枚目なんだけどちゃんと三ヶ月全部買いました。一枚324円ですからね。

毎回表題曲もさることながらカップリングの弾き語りカバーがめっちゃイイっす

これからもっと色んな曲が聴けると思うと楽しみです

 

f:id:udon_okame:20160701010539j:image

バイTシャツ屋さんの「そこまでレアじゃない」

 これ告知された日にノリで予約したんですけど今めっちゃ品薄で高値で転売されてますね

これおれ完全に見る目があるやつじゃない?

今年急に注目され始めたヤバTですけど俺はその二秒前くらいから密かに知ってましたからね。こういうのよくありますよね。もっと好きアピールしとけばよかった。

 

 

今月買ったCDは以上です

7枚も買ってました

最近ちょっとお金に余裕出てきたのが完全に購買意欲を後押ししてますね

CDに限らずお菓子とかめっちゃ買ってますし一生幸せになれないタイプのお金の使い方してますね…!ゾクゾクするぜ…!

 

それでは7月もサイフの紐と頭のネジをユルユルにして張り切って行きましょ~~~!!!!

 

雨やんでくれ

人は人 自分は自分 って何回も唱えるのは、唱えていないと忘れてしまうからで、忘れてしまうとすぐ色々もらっちゃったりするので、だから何を見てもこれは他人事だって確認しないといけない。

 

のだけれども、例えば長い時間人と話したり、ちょっと頭を回転させながら人の話を聞いたり人に話をしたりすると、思ったよりも深いところで言葉を受け取ったり敢えて気づいてなかった自分の一部を見つけてしまったりして、

 

ザワつくわぁ~~~!!

って感じ

 

そうなると、興味深くて考え方を知りたいって思うような人からだけでなく、たまたま同じ電車に乗り合わせたオッサンや子供からも、不意に何か受信してしまって(受信って言い方あんまりしっくりはきてないけど)

 

ザワつくわぁ~~~!!

って感じ

 

最近は湿気のせいか気圧のせいか常に呼吸が浅くて、あんまり聞きたくない声とか聞いてるとすぐ体調悪くなっちゃうし梅雨はクソだな。

 

梅雨はクソだ。

 

映画を見てきたよ

今日は学校終わったあと「アイアム ア ヒーロー」という映画を見てきたよ

「ゾンビと大泉洋が出る」ということしか知らないで見たら、予想を上回る量のゾンビと血と予想通りの量の大泉洋が出てました。

あと有村架純長澤まさみが出てました。
美女の出演は予想してなかった。

ストーリーは「大泉洋がゾンビ相手に趣味のクレー射撃を頑張る」というものでした(ネタバレごめん><)

大泉洋は言わずもがなダメ男設定なんだけど、趣味でやってたクレー射撃のおかげで美女2人をゾンビから守ってイイトコを見せられてたので、近場のクレー射撃教室を探して申し込もうと思います。

一応俺の趣味である音楽はどうかなと思ったけど、劇中ではゾンビは音のなる方へ集まる習性があったので、俺はゾンビの大群をおびき寄せて主人公達を逃がす囮役でしか輝けないんだなと思いました。
俺の死にシーンは群がるゾンビの中でメロイックサイン掲げて死ぬシーンになります。
f:id:udon_okame:20160512170130p:image

ゾンビと同じくらい人間も怖いなっていうシーンもあって現代っぽいなと思いました。
それにしてもちょっとしたビックリ演出とかちょっとしない血液と肉片がすごくてずっと体に力が入ってました。疲れた。

面白かったです。おわり。

春だしね

とりとめがない
春はやっぱりどうあがいても気分が落ち込みがちになる
というか春っていう環境に身を置いてるだけで疲れる
何もしたくない

学校始まったら新しいクラスでみんなポジショニングに必死になるし
その中で浅い呼吸しながら暮らすのめっちゃ疲れるんだよなぁ

なんか最近心臓が重いし…

ずっと寝てたい

↑全然関係ないけど最高のやつ
でんぱ組の春曲といえばサクラあっぱれーしょんも始めから終わりまで多幸感に包まれてるし
春の曲はいい曲多いから
(これはみんな春に鬱になりがちだから元気になるような音楽を作ろうとするからと勝手に思ってる)
春のそういうとこは好きだけどね

ツーマンライブ

日記 とりとめがない
3/28はOSCAとπのツーマンライブでした

サラッと書いたけどまず高校生バンドふた組だけでライブする事が客観的に見てすごいし、バンド始めた頃はまさかこんな事になるなんて思ってなかったよ。
来てくれたみんなありがとね。
事情があってこれなくて「行きたかった!」って言ってくれるのも嬉しかったです。(なので謝らなくてOKです!)

何回も書くとあれだけどやっぱりツーマンライブって特別なことで、それ以前にたくさんライブをしたこと、もっと言ったらバンドをしている事も特別なことかもしれないな。

たぶんだけどバンドをやってなくても楽しい事はたくさんあったしそれはそれで幸せだったと思う。
でもこうやってちょっと特別なことをたまたま始めたらドンドン大きくなってすごく特別なことになって、こんなのは生きてて初めてだから、「バンド始めてよかった」って思ってます。

前までかなりの依存体質で色んな物に過剰にしがみついてて、それじゃダメだって直したら今度は「何もなくても成り立つ」事に気づいちゃった。
ほんとに最近まで何も真剣に考えることができなくなってた。
でもこうやって特別なことがたまたま起きて、自分がここまでバンドに力を注いでた理由がただ「楽しいから」だって事に気づいた。
それて「無くても死なないけど必要なもの」があるってわかった。
(変な話それまでは本気で何もいらなかったしその前は本気で何も失いたくなかった。。)
今は「必要なものを拾い集めて不要なものはちゃんと手放す」事が大切でこれが誠意なんだと思ってる。

話が逸れたしたぶん伝えたい意味で伝わりづらいと思うけど、ツーマンやってよかったし成功してよかったし来てくれたみんなも行きたかったみんなも手伝ってくれた人もゲストもOSCAもπもあの瞬間に必要だったってこと。

MCでもちょっと言ったけどライブは見るよりやる方が何倍も楽しい。
(だからこそ見ている人に「楽しい」って思わせるのは難しい事だと思う。)
きっとお客さんが手を挙げたり声を出したりするのは「ライブをやる側」に近づく行為なんだと思う。

みんな楽しかったでしょ? 

それはみんながライブをしてたからだよ。

あそこにいた全員で作ったライブ。
いいライブでした。

ありがとう。
(↑これほんとにひとりひとりに向けて言ってます。あなたにもです。)