読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ

 

最近なんとなく何かのタイトルを考えるのが面白い

ない曲のタイトルとかその曲が収録されているアルバム、そのアルバムをリリースするアーティストの名前だけを考えてる

 

適当な単語とか文章も何かのタイトルにするとない意味を持たされるのが面白い

 

無いものがあるように振る舞っている、もしくはあるように扱われているのが面白い

 

でも人間だとちょっと悲しいとも思う

 

ない人間がまるであるかのように、ない人間の分の空間がしっかり作ってあってまるでそこにあるかのように、そういう風になっている世界がちょっと怖い

 

あったはずの人間はすぐなかったことになるけどないのにある人間を無かったことにするのは難しい

 

実態がない物をどうやって殺すか

 

最近やっと認識した、たぶんずっと前からいて、ほんとはいないんだけど認識してしまったものが

どんどん実感を伴って現実味が増してたぶんそのうち本当になっちゃうから、今のうちに潰さなくては

 

無意識にやってきた殺人もいざという時にやり方がわからないんじゃ、ダメだね