読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170109

f:id:udon_okame:20170109184624j:image

f:id:udon_okame:20170109184626j:image

BOOK・OFFで20%オフセールをやっていたので本を二冊買った。

梶井基次郎の檸檬は教科書でたまたま見つけてとても気に入ってた上に、ある曲の歌詞に出てきてそれも嬉しかったのでいつか買おうと思ってた。108円の20%オフ。

クラフト・エヴィング商會は何だったかで名前を知って何故か覚えていた。何冊かあったけどタイトルが良かったので「ないもの、あります」を買った。

これは500円くらいで、同じ値段の森見登美彦の小説と迷ったけど森見登美彦で一番欲しかったペンギンハイウェイがなかったのでこっちにした。

 

無理矢理この二つ(と買わなかったもう一つ)に共通点を見つけるとすれば現実からはみ出ない空想のような、自分の世界と二重写しにできる余地があるところ、のような気がする。それは楽しい。

 

 

フレンチトースト、耳がめちゃくちゃ硬かった。俺は好きだった

 

美容院の人に声をかけられた

鏡を見てこれは確かに切りたくなるだろうなと思った

 

自分のせいで当初の予定とは大きく違ってしまってクソクソと思ってたけども、久しぶりに外をぷらぷらできたのもあって自分としてはいい一日だと思った。

あわよくば向こうもそういう感想を持ってくれてたらな

 

 

 

妹と似てる部分がある気がしてある意味慣れてるのかもと思った。解決策はわからないけど。

 

 

しかし空想の世界に逃げてる場合じゃないなと急に焦ってきた。明日はまた気圧が下がるらしい。

嫌だ~~~~~~!!