壁に我あり



これは重大な問題ですよ。

実は前々からこのようなことは思っていたんだけども、このカメラ目線いる?

我々は高橋一生くんがお相手の女性と仲睦まじく触れ合っている様子を外から眺めてほっこりしたいのであって、高橋一生くんからの目線なんてこれっぽっちもいらないんだよ。

我々は壁や天井になってこっそり見守っていたいのになぜ。

そのカメラ目線によって我々は壁や天井から切り離され元々の自己として、一個人として空間に規定されてしまう。

おかしいじゃないですか、一生くんが彼女をハグしてる場面の至近距離に自分がいるなんて。しかも一生くん彼女抱きしめながらこっちみてるし!なにその微笑み

引用したツイートにもあるように自分という登場人物が増えることで色々と余計な解釈をせざるを得なくなるんですよね、2人の関係を見ていたかったのに自分が登場してしまうことで3人の関係性がどういうものなのかめちゃめちゃややこしくなってしまう。

だから目線なんていらないんですよ。人間として存在させて貰わなくて全然大丈夫なんで。

壁や天井でいさせて下さい。

それか一生くんに抱きしめられてる彼女目線のVRを出してください。