社会に対する自警団

 

友達ってなんなのかっていうのは決まった正解の出ない問いのひとつだと思いますが、てかある一人の人にとっても色んな意味の友達があるね

自分の中で友達がなにかっていうのももちろん色々あるんだが、最近はお互いに助け合ってお互いが良く生きれるようになるための存在って友情関係(というか恋人とか家族とか含めた全人間関係ですね)のひとつの理想だなあと思います

 

この考え方、言葉としては理解しやすいし普通そうじゃんって感じかもしれないですけど、意外と人間関係の実態ってこうではないんですよね、周りみててもそうだと思います

友達のことってけっこう褒めにくいよね、照れとかもあると思うんですけど、厄介なのは、仲良い人ほど雑に扱うみたいな感覚が割と一般的であることかと思います

 

そんなことないですからね

全然褒められたいもんね、仲良い人からだとなお嬉しいし

褒め合ったり好きとか言ったりし合う人間関係は実は薄いみたいなの、知らね〜〜〜!じゃないですか?それはその人がそういう嘘の関係しか築けてないだけで、そんなこと言ってくる人よりも自分を褒めてくれる友達を信頼した方が700倍サイコーじゃんね、そういう無粋な人たちに代わりに言っときます、バーカ

色々言ってくるつまらない人たちに負けないために、おれは個人としても面白く強く優しくかわいくありたいし、そういう人たちと仲良くなって楽しいねかわいいね優しいねって言い合いながら楽しく生きていきたいと思うんだよな、

別に社会がクソで俺たちで変えてやるみたいなことでなく、でもたまに社会は確実に暴力を振るってくるので、そういうのに負けず、一緒に社会を変えようという同調圧力にも負けず、シンプル楽しくやってくための全てを助け合ってやっていく、互助会とか自警団みたいな関係性が、けっこう重要なんじゃないかなと思うね

会とか団とか言ってるけどキッチリ組織になったらそれは違うので違うんだけどね、仲良しグループを作りたいわけじゃないのよ

 

まあとにかくやることは頑張ってやっていくことと、友達がお、やってるな〜!みたいなときに変な照れとかなくやってんね〜!とワイワイしていくことですね、Do&Do&ダンスです、踊るぞ〜〜〜